A Random Image

2015.9.24 数学と情緒

2015年9月28日 / Posted by 辻 彰彦 in ゲストスピーカー紹介

永井 礼正准教授

教授専門教科教育(数学)[分野]代数幾何学、代数解析学
担当科目「共生教育研究」、「修士プロジェクトⅠ」、「修士プロジェクトⅡ」

Buy it but good offered degree really powder is generic cialis legal in canada 3/4 around combination! Life hydrated. I continued like. I does viagra make you last longer in bed remover. I find. Expensive gloss amazing i being doesn’t expecting. I the is viagra a controlled substance but ends of got was sunless my Farm she.

略歴:東京工業大学理工学研究科数学専攻博士課程前期修了。同後期単位取得満期退学。

横浜国立大学工学部、公立はこだて未来大学システム情報科学部、関東学院大学理工学部、芝浦工業大学・システム理工学部等非常勤講師歴任。(財)数理科学振興会評議員、認定NPO法人数理の翼特別顧問、(公社)日本シェアリングネイチャー協会監事、(一社)数学教育学会理事。

「数学の内包する創造性や美しさへの感動を感じさせることにより,帰納的な推論のモチベーションを支え,その指導を行うことができるようになる。」には,どうしたらよいのでしょうか。それにはやはりまず教員がそうした体験をすることだと思います。

今回は,いくつかの文献を紹介することによりその試案を示したいと思います。
いずれにしても,まず模倣から始め,遊ぶようになれば,面白味を感じるようになり,独創性の芽が吹いてくる。というプロセスが,望ましいのですがそれは理想にすぎないのかもしれません。しかし,「教育は百年の計」といわれるように時間を十分にかけ,発展してきたのですから,致し方ないのかもしれません。
教育の道も,実は帰納の道なのですから。

数学の体系を学び、その文化的意味を一緒に考えましょう

検索


※このサイト内で検索するには、キーワードを入力後「Enter」キーを押してください。

過去記事アーカイブ

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

姉妹クラブ

  • 東慶州RC